和をもって尊しとなす

争いの絶えない方に「日和防」

広島市沼田町で見つけたプロキオン星のエネルギーを持つ石です。

 

妖怪「日和防」の石です。

 

エネルギーはうお座α星「アルレシャ」です。

 

 

 

 



うお座α星「アルレシャ」

星図では、紐で結ばれた2匹の魚として描かれる。

 

うお座α星「アルレシャ」は2匹の魚を結びつけるリボンの結び目にあります。

 

うお座は古代メソポタミア文明に由来する星座とされ2匹の魚とそれから伸びる紐は、チグリス川ユーフラテス川をあらわし、紐が魚に繋がっているのは2本の川が合流することを表しています。

 

右側の図が古代バビロニアの想像図です。日和防もまたメソポタミア文明にかかわった宇宙人なのです。

 

役目は「和をもって尊しとなす」でした。「金霊」の財と、「日和防」の和が古代都市「バビロニアを作ったのです。



妖怪「日和防」

お日様の明るさと温かさと穏やかさをもたらします。

 

「日和防がいると家庭や職場の中が穏やかに明るくなります。

 

争いは起こりますが大事に至らなくなります。

 

楽しんで喧嘩が出来ます。それも必要なのです。そこから更なる「和」が出来ます。

 

言い争いをした後心が痛むときに、「日和防」を胸に当てると、不思議に心が和みます。いやな思いが消えます。

 

価格は 16,200円(税込)です。

 


工房で販売している

ブレスレットを含む全てのグッズは

私利私欲に生きすぎると

(宇宙の法則に反する生き方)

エネルギーが消えることがあります。