大電磁波時代を生き残る

5Gの始まり

携帯電話だけでなく、車や建設現場、病院や工場、オフィス、学校までも進出するでしょう。

 

新たな高周波の脅威に人々が晒されることになります。

 

いつものお決まりで日本の基準は2桁甘いです。

 

数十メートルから数百メートルの間隔で設置されます。すぐ頭の上に沢山の発信機が設置されることになります。

 

場所によっては屋内にくまなく設置されます。

 

便利さの代償としての、恐怖の大電磁波時代の始まりです。



電磁波から身を守る「ウェーブ」誕生

電磁波を防ぐパーツは「オキクルミ」などいくつかありましたが、「5G」の強力な電磁波を防ぐには役不足の感がありました。

 

アルクトゥルスの宇宙人がこの電磁波から守るグッズの設計図とエネルギーをくれました。

 

エネルギーを入れてくれた石はお縁のすぐ下にありました。

 

「オキクルミ」は半径80センチの範囲を保護しましたが、「ウェーブ」は半径3メートルの範囲で電磁波から身を守ります。

 

電磁波防御専門グッズの誕生です。

 

 価格は3,980円です。



宇宙人が来た場所

この空庭の台所の奥の引き戸の向こうに「アルクトゥルス」の宇宙人が来ました。

 

来られたのに気づいたのは、「コムギ」と「メローペ」の二匹の猫がこの戸の周りを「クンクンとにおいを嗅ぎまわっていたのです。

 

初めての行動だったのでおかしいと思って想念で探ってみたら、「宇宙人」の反応がありました。

 

完成するまで3,4日いらっしゃいました。

 

今、ホームページを作成するためにこの写真を撮ったのですが、この扉の向こうにこの宇宙人さんがおられます。

 

エネルギー体は映り込んでいますので、分かられる方には感じることが出来ると思います。

 

結構背が高いです。2メートル以上あります。

 

このホームページの監修に来ておられます。

 

了解はまだ出ません。本体に進めの指令です。