“火須勢理尊”を封印した霊能力者

“大山津見神”の娘“石長比売(いわながひめ)”が“火須勢理尊”を封印した霊能力者です。神話では“瓊瓊杵尊”の妻“木花之佐久夜姫(このはなさくやひめ)”の姉となっていますがどうも違うようです。


ここにも史実を隠匿する改変が行われています。


“瓊瓊杵尊”の三男“火遠理尊”山幸彦は“瓊瓊杵尊”の子供ではなかった。“石長比売(いわながひめ)”の子供です。“石長比売”は倭国の人ではなく、大陸の人間で封印の方法は中国で教わってきています。夫は“大山津見神”で、金印事件の時“瓊瓊杵尊”も殺されて封印されたようです。


“大山津見神”は、“瓊瓊杵尊”の父“天之忍穂耳尊(あめのおしほみのみこと)”の弟で、“大山津見神”と息子の“火遠理尊”山幸彦が金印事件を契機に倭王の王権を奪ったのです。もちろん背後には“光武帝”が存在したのです。





工房で販売している

ブレスレットを含む全てのグッズは

私利私欲に生きすぎると

(宇宙の法則に反する生き方)

エネルギーが消えることがあります。