あるブログからの引用です

幽界が十数年後に一杯になり、消滅するという。
将来ある決断をしなくてはいけなくなった。
そうしないと地上に残されてしまうためである。
幽界の友人(女性)は、思い切ってここを去る決断をした。
新しい世界へ入るために死の選択のような行為を強いられたのだ。
決断の時が来た。
彼女は、意を決して手を合わせ、祈るように暗闇の中に飛び込んで行った。

ある霊能者の話では、幽界は消滅しつつあるという。

本来幽界は地上の垢を落とす程度の必要の無い世界なのだが、意識が囚われて、膨大な世界を形成してしまった。

 

死後の自覚がないために個人や集団で囚われた世界や疑似天国などが文明の進展とともに意識が低下し形成されたと考えらる。

 

肉体の死後、幽界の入り口である精霊界に行って一時休息し、素直に霊界や神界に帰るのが筋なのなのだ。

 

しかしながら、今や拡大しすぎた幽界に対して、神界からの総力を掛けた救済のプロジェクトが働いている効果が出てきているのかもしれない』
 
私と同じ感覚で“5次元幽界”を捉えておられる方を見つけました。
 
死後、“光の世界”へ行けず、かといって“反省の闇の世界”へ行くほどの“悪いこと”もしない人々が、“囚われの身”となって形作っていた“5次元幽界”またその崩壊も意識しておられる方がおられました。
 
本当に“5次元幽界”が崩壊したのか?
 
だんだん分かるでしょう。その具体例はあなたの周りにも沢山見られるようになるはずです。
 
上のブログに現れておられた女性!
吐き気がすると思ったら、私の処へ“助けを求めて”いらっしゃいました。
夫を憎んで亡くなっておられました。その憎しみが彼女を“5次元幽界”に閉じ込めていたようです。
 
またこの世界が形作られて行かないようにしましょうね。
 
宇宙平和\(◎o◎)/!

工房で販売している

ブレスレットを含む全てのグッズは

私利私欲に生きすぎると

(宇宙の法則に反する生き方)

エネルギーが消えることがあります。