勾玉の時代の始まり

オスプレイがやってくるかもしれない、混沌とした時代がやってきました。

この時自分を見失わず、自然体で生き続けてゆくには少し考え方を変えなければいけません。

 

今、何故“勾玉”なのか・・・

少し見てみたいと思います。

 

今、勾玉の意味を見直し、地球の人々の意識を変えていくことを模索しましょう。

 

“勾玉”  このアンバランスな形に“バランス”が潜んでいます。

 

白と黒、プラスとマイナス、常識と非常識、怒りと平安、いい人と悪い人、良い国と悪い国、良い事と悪い事、学校へ行くよい子、学校へ行かない悪い子・・・

 

誰が決めるのですか?

だれが判断を下すのですか?

どうしてどちらかを選択するのですか?

 

あなたは“神”ですか?

 

この宇宙に“善悪を判断するシステム”そのものが存在しないのに、あなたは日々判断をしている。

どこかおかしくありません?

 

あなたの周りに起こる出来事すべてに意味があります。

そこから“学ぶこと”はあっても、“判定”してはいけません。

 

勾玉はそのことを教えているのです。

一見“アンバランス”な勾玉、どんなに良さそうなことでも、それだけではアンバランスなのです。

その正反対にあるもう一つの“アンバランス”を意識してください。

 

そして対局を意識しながら物事の“バランス”をとってください。

両方必要なのです。

あなたに求められているのは“吊り合い”をとることです。

 

 

工房で販売している

ブレスレットを含む全てのグッズは

私利私欲に生きると

(宇宙の法則に反する生き方)

エネルギーは消えます。