病気は原因をとれば治るものと、治せないものに分かれます。

 

治せない病気は「今世は病気のハンディーを背負って生きていく学びをするんだ」と決めてきているのです。

 

それと「何歳で死ぬ」と決めてきて病気になる人もいます。「癌で死ぬ」と決めてきている人もいます。

 

そういう人は治らないのです。

 

そういう人には「死のキャンセル」のような、死後の世界の姿を教えて「死の恐怖」を取り除いてあげるのです。

 

スリランカでは病気になるとまず、お坊さんがやって来て、死の恐怖を取り除いてくれるのです。

 

日本では、死後の世界を覆い隠して人々に「死の恐怖」を植え付けているのです。だから病院に人々が殺到するのです。

 

 死後の世界をしっかりと捉えれば、「死の恐怖」が軽減され、病気に対する考えも変化し、医者に頼りすぎることも少なくなるのです。 

工房で販売している

ブレスレットを含む全てのグッズは

私利私欲に生きすぎると

(宇宙の法則に反する生き方)

エネルギーが消えることがあります。