体のしくみ

この図が21世紀最新の医学体系図です。

 

あなたの想い、行動の全てが解明されています。

 

視床下部が中心となってあなたの体をコントロールしているのです。

 

体の様々な情報は視床下部へ送られ視床下部はそれを天界の図書館と繋がりながら恒常性維持機能を果たしているのです。

 

病気になるのを未然に防いでいるのです。

 

ところがその恒常性維持機能の限界を超える異常信号が来ると、“視床下部”はその信号を“偏桃体”へ送ります。送られたそのその情報は偏桃体に蓄積されていきます。

 

怒りの情報なども“偏桃体”に蓄積されていきます。大きなストレスなども知らず知らずのうちに“偏桃体”に蓄積されるのです。

 

すると偏桃体に直結している視床下部の“心”が病んできます。視床下部の“心”の波動が落ちてくるのです。視床下部の“心”の波動に応じて、“視床下部”は様々な病変を作り出し始めるのです。

 

本当に病気を治すには、この“偏桃体”に蓄積された負の情報を消さなければならないのです。病気の原因を取るだけでは真の治癒には至らないのです。この蓄積された負の情報がある限り“視床下部”は正常な状態に戻らないのです。この蓄積された負の情報がある限り“偏桃体”はアドレナリンを生成し続けるのです。

 

扁桃体の記憶を消去することが“病気の治癒”にとって欠かせない事なのです。病気の原因を取ると共に“偏桃体”の記憶を消して視床下部の“心”を元に戻してあげなければならないのです。


病気の原因

「霊障」が三か所に書かれていますがこれで病気になるのが病気の全体の75パーセントを占めます。

 

この中には「障り」と言われるものも存在します。これは“絵”とか“置物”、“人形”、“食べ物”、“植物”等々様々なものが霊障を起こして来ます。

 

それらのものが「大切に扱われない」、「なおしこまれている」、「本来の扱いをされていない」等不満を持つと人の体に障害を起こして来ます。

 

肉体の周りは、エーテル体、アストラル体、メンタル体、霊体、コザール体、宇宙体など複数のボディーで構成されています。これらのボディーに「意識の剣」、「光の剣」、「槍」などが刺さって、体調を崩すこともよくあります。マイナス言葉を使ったり、他人を攻撃したりすると、松果体の心が刺して来ます。

 

メッセージとして起こる病気もあります。腱鞘炎とか腰痛の一部はメッセージです。体の右側か左側かでもメッセージの内容が変わります。

 

心臓にある「あなたの過去生」からトラウマが出てくることもあります。猫背の方は殆どが苦しいトラウマを抱えておられます。

 

塩不足で病気になっておられる方も非常に多いです。

 

冷たい飲み物を飲んで免疫力を落として病気になっている人もいます。

 

動物タンパク(肉類、乳製品)を取りすぎて病気になっている人もとても多い。

 

生もの(生肉、生魚、生野菜、果物)を食べて、その中の菌で病気になっている人も多い。

 

コンビニの弁当などの食品添加物で体調を崩している人も多い。

 

ミネラル不足で間食に走り、ますますミネラル不足に陥って体調を崩す人も多い。

 

思考に赤信号を流してアドレナリンを生成し自律神経のバランスを崩している人も多い。

 

テレビやラジオの聴きすぎで霊障を受けて体調を崩す人もとても多い。

 

病院の検診で体調を崩す人もとても多い。

 

お薬を飲んで体調を崩している人は非常に多い。

 

その他金属、電磁波、過労、ストレスも原因となります。

 

以上のどこかにあなたの病気の原因があるのです。これらを改善すればほとんどの病気は治っていくのです。

 

ひとつ治せないのは松果体に入れてきた「予定の病気」です。これは治せないし、治す必要もないのです。家族でその子を中心に学んでいくのです。

工房で販売している

ブレスレットを含む全てのグッズは

私利私欲に生きすぎると

(宇宙の法則に反する生き方)

エネルギーが消えることがあります。