西郷隆盛は何故、朝鮮を敵視したか

西郷隆盛は何を見たのでしょうか。

 

岩倉使節団の中に、西郷は何を見たのでしょうか。

 

西郷は岩倉使節団の影に西欧諸国の日本支配の実態を見たのです。

 

外国人による日本支配なのです。

 

岩倉使節団の中に多くの外国人を見たのです。その中には2000年前の後漢の洪武帝の血も交じっていました。

 

西欧人が入ればすぐに外国人とわかります。

 

だから日本人と区別できない外国人を使って、直接支配を始めたのです。西郷はそれに気づきました。西郷のこの目は真実を見抜いていたのです。

 

古代ユダヤの血を引く西郷は古き良き日本を愛していました。そして真実を見抜く目を持っていました。

 

朝鮮系日本人を利用した西欧諸国の日本の実効支配を見抜いたのです。外国人による日本の支配体系の確立を阻止しようとしたのです。

 

坂本龍馬は日本人でした。だからグラバーに提供された資金で倒幕に動いたのですが、戦闘を長引かせたかった西欧諸国の思惑に反して、江戸無血開城を画策し、暗殺されたのでした。日本人ではうまく事は運ばないのです。この図式の暗殺も多々見受けられます。

 

仕上げが岩倉使節団なのです。あの長旅の中で岩倉は同志として全員の洗脳と意思統一を図り、西欧諸国による日本支配の実行部隊の養成を行ったのです。

 

しかし明治天皇をはじめとするこの勢力には抗しがたく西郷もまた非業の最期を遂げるのでした。

 

この実効支配体系は一分の揺るぎもなく、現在まで受け継がれているのです。

 

しかしこの素晴らしき日本の底流に流れる古代ユダヤの血は、守られています。

ずいずいずっころばし、かごめかごめ、君が代の中に秘められた古代ユダヤの教えは日本人の中にしっかりと守られています。

 根なしの浮草のごとき西欧諸国の支配体系が崩れ去るのもそう遠い先ではありません。


日本が目覚めるとき世界が変わるのです。

 

工房で販売している

ブレスレットを含む全てのグッズは

私利私欲に生きると

(宇宙の法則に反する生き方)

エネルギーは消えます。