伊邪那岐、伊邪那美が生んだ神の最初の人物は実在した

“大事忍男神(おほことおしをのかみ)”です。

 

古事記では伊邪那岐、伊邪那美が国生みの後、最初に産んだ神となっています。

 

 “忍穂耳尊”の兄になります。

 

どうも若くして死んでいる。30代のようです。戦で死んでいる。多分出雲平定に“武御雷神”と共に出兵したのでしょう。そこで戦死しているようです。

 

封印されていた親族が帰って来たお礼の言葉です。争いは無意味だと言っています。

 

争いのない時代はいつ来るのでしょうか?

 

地球だけでなく宇宙でも争いは多い。

 

“宇宙平和”はいつ実現するのでしょうか?

 

宇宙は無限に広いのに、何故みんな住み分けが出来ないのでしょうか?

 

魂たちは何を学ぼうとしているのでしょう?

 

大事忍男神に宇宙平和。

工房で販売している

ブレスレットを含む全てのグッズは

私利私欲に生きすぎると

(宇宙の法則に反する生き方)

エネルギーが消えることがあります。