メヘルガル

メヘルガルは、考古学的にも重要な新石器時代の遺跡(紀元前7000年-紀元前2500年)で、現在のパキスタン、バロースターチン州に位置する。南アジアで最初期の農耕(小麦と大麦)と牧畜(牛、羊、山羊)の痕跡がある遺跡です。

 

インダス文明よりもはるかに時代を遡ります。メヘルガルⅠ期は紀元前7000年から紀元前5500年までを指し、土器を伴わない新石器時代です。泥製の住居群は4つの区画に分けられている。多数の埋葬跡も見つかっており、副葬品として籠、石器、骨器、ビーズ、腕輪、ペンダントなどがあり、時折動物の生贄も見つかっています。

 

装飾品としては、貝殻(海のもの)、石灰岩、トルコ石、ラピスラズリ、砂岩、磨いた銅などが使われており、女性や動物の原始的な像も見つかっている。

 

この女性の像もここから出土したものです。問題は紀元前6,000年のこの女性像に“創造の宇宙エネルギー”が入っていることです。

 

この像を作り、“創造の宇宙エネルギー”入力装置からこの像に“創造の宇宙エネルギー”を入れていたという事実が存在するのです。

この土器にも、右側の飾にも“創造の宇宙エネルギー”が入っているのです。

 

この力を利用すると、体を癒したり、心を落ち着けたり、物や土地を浄化したり、食べ物を浄化したり、水や空間を浄化したり出来るのです。

 

高度な文明が存在したのです。

 

“創造の宇宙エネルギー”を追うことで“古代ムー帝国”が存在し、沈む“古代ムー帝国”から巨大なUFOが飛び立ち世界の各地へ散ったことが証明できるのです。


モヘンジョダロ

紀元前2500年から紀元前1800年にかけて繁栄し、最大で4万人近くが居住していたと推測されています。しかしその後短期間で衰退しました。この遺跡の一角に“創造の宇宙エネルギー”の反応が見られます。

 

此処もまた“創造の宇宙エネルギー”を使っていたのです。

 

この巨大な文明もまた、“古代都市ムー帝国”の技術力で作られたのです。

 

しかしこの高度な文明が短期間のうちに消滅したのは不思議です。戦って死んだ痕跡よりも、高性能核爆弾で消滅したとみる方が理解しやすいのは何故ででしょうか。

 

解けてガラス化した痕跡や焼けた遺体などが存在するのです。

 

“古代都市ムー帝国”の技術力を継承していたとすれば、そして“創造の宇宙エネルギー”を使っていたとすればありえない話ではないのです。“宇宙人”との接触も簡単に考えられる話です。

 

儀式で使用された陶器
紀元前2600–2450年のものです。

 

これにも“創造の宇宙エネルギー”が入っているのです。メヘルガルからモヘンジョダロへ“創造の宇宙エネルギー”は継承されているのです。

 

何故、現代にその“創造の宇宙エネルギー”が普及していないのでしょう。それを使うと現代医療では治せない沢山の病気が治っていくのです。

 

“創造の宇宙エネルギー”や“素戔嗚”が使い始めた“星々の宇宙エネルギー”を合わせるともっと素晴らしい活用方法が開発できるのです。

 

この力には即効性があります。一瞬にして治るとか、一瞬にして変化するとか、数分で痛みが消えるとか、楽になるとか、呼吸が楽になるなど、すぐに効果が感じられます。

 

本物の“宇宙エネルギー”に触れると、一瞬で変化が自覚できます。長くて数分のうちに、自覚できないものは本物ではありません。

 

古代の人々は、こんな力を活用して生きていたのです。特に“古代都市ムー帝国”の人達は心で生きていたのです。 

工房で販売している

ブレスレットを含む全てのグッズは

私利私欲に生きると

(宇宙の法則に反する生き方)

エネルギーは消えます。