古代ユダヤと関係のある“玄海の石”

発見場所

糟屋郡新宮町新宮漁港の先の磯崎鼻の海岸です。

 

砂利だらけの海岸の石の中に、一個のエネルギー体の石がありました。

 

玄海の石です。

 

古代ユダヤとの繋がりも持つ石です。

 

玄界灘の先には、壱岐、対馬、朝鮮半島があります。

 

この経路からも古代ユダヤの民がやってきたのです。

 

彼らが携えてきた石かもしれません。強力なエネルギーを秘めています。



道案内してくれた人

私にこの日、道案内した魂です。

 

モーゼの母親です。

 

「動いた先を見に行こう」とは何か。

 

モーゼが紅海を分けて、ユダヤの民をエジプトから脱出させたのは約3,500年前になります。

 

その後古代ユダヤの民12氏族のうち10氏族は行方知らずになっています。

 

その10氏族は東へ東へと旅を続け、日本にたどり着いたのです。

 

東の果ての小さな小島に10氏族は潜んできたのです。

 

ずいずいずっころばし”はこの事を語っているのです。差別部落の存在もこの辺にあるのです。

 

モーゼの母親として生きた魂が、古代ユダヤの民が潜む日本を見に行こうと言っているのです。

 

そしてこの石なのです。モーゼもこの石のパワーを使っていたと思えるのです。紅海を分けたのもこの石のパワーなのかも知れません。


私の所にない7つの星のエネルギー

この石には7つの星のエネルギーが来ています。

 

この石には第三の目で見る能力を開花させる力があります。

工房で販売している

ブレスレットを含む全てのグッズは

私利私欲に生きると

(宇宙の法則に反する生き方)

エネルギーは消えます。