勾玉の背景

勾玉を組み込んだパワーストーンネックレス
勾玉を組み込んだパワーストーンネックレス

古代“三種の神器”と言われ今でも、皇室で受け継がれている“鏡”、“剣”、“玉”、この三つをセットにして墳墓に副葬していたのは、数十万基を超える北部九州の弥生時代人の墳墓の中で、王墓を含めて5基しか存在しません。

このうち“鏡”、と“玉”、には宇宙エネルギーが入れられていた。

宇宙とつなげたのは、“日ノ御子”として太陽を祭った、“天照大御神”と呼ばれた巫女。

場所は北部九州の糸島、ここが日本神話の故郷、天孫降臨神話の実在の地。

宇宙とつなげたパワーストーンは前原、井田部落の井田交差点近くの三社神社に置かれている。

今でもしっかりとパワーを保っています。

 

何故、ここに置き去りにされたのか?

 

何故、神武東征とともに、邪馬台国まで運ばれなかったのか?

 

この石が歴史の真実を語っています。

この石の重要性に気づかなかったのは、宇宙とつながる縄文人“天照”を死に追いやった弥生人たちが、宇宙とつながっていなかったからです。

だから、このパワーストーンの持つ霊力に気づかなかった。

 

見えないものの持つ力を自覚し、見えないものに身をゆだねて、生きてゆける心のゆとりを持っていた縄文の人々・・・

 

そこに、見えるものしか見ず、見えるものだけしか信じず、理性だけで国家を作っていった弥生の人々・・・

 

彼らに見えなかったエネルギーがこの石を救った。

 

 

天照大御神が使っていたパワーストーン
天照大御神が使っていたパワーストーン

この石が天照大御神が残したパワーストーンです。

 

この石の上に青銅鏡や勾玉を置いて“宇宙エネルギー”を入れていたのです。

そしてそれを諸国王に下賜していました。

この石の上に置かれた青銅鏡を、一面、所持するだけでも諸国大王の証であったのです。

 

唐津の桜馬場遺跡から見つかった“流雲門縁方格規矩四神鏡”はこの石の上に乗せられて宇宙エネルギーを入れられた。

今もそのエネルギーは消えていない。

 

確認したい方は、佐賀県立博物館へ行けば、この鏡に出会えるはずです。

 

あなたにそのエネルギーを感じる事が出来ますか?

 

 

 

そして今、勾玉


糸魚川産ヒスイから作った勾玉
糸魚川産ヒスイから作った勾玉

勾玉の出土品は数多い。

しかし“宇宙エネルギー”の入っている勾玉は少ない。

唐津の桜馬場遺跡出土の勾玉には“宇宙エネルギー”が入っている。

 

“宇宙エネルギー”の入っていない勾玉は、たんなる装飾品に過ぎません。

形の原型が何か、いろいろ言われますが、それはあまり問題ではない。

形もあまり関係ない。

 

凸と凹、陰と陽の背中合わせが勾玉の本質です。

“宇宙エネルギー”の入っている勾玉をどちら向きに振り下ろすかで、癒しにもなれば、武器にもなります。

 

二つ逆向きに合わせれば、“宇宙”になる。

勾玉は“宇宙”でもあるのです。

 

善悪も、白黒も、無いのです。

この世に不必要なものは何もないのです。

全てが必要なのです。

 

必要なのは“吊り合い”です。

 

あなたに必要なのはバランスをとる行動です。

“勾玉”が教えているのは、陰陽の、白黒の、善悪の“バランス”をとれと言っているのです。

今必要なのはこの思いです。

 

“5次元幽界”の憎しみの世界と対峙するには、すべてを受容する無限の愛が必要です。

 

原発も、オスプレイも反対ばかりしていてはいけません。

憎しみや、制裁や、正義感からは、何も生まれません。

 

さあ、あなたに必要なのは、裁きではありません。“吊り合い”をとることです。

“正義感”は“平和”を作り出せなかったではないですか。

 

さあ、子供のような行動はもう止めて、神の立場にたって大人の行動を開始しましょう。

 

『あなたの心の吊り合いをとります』

 

工房で販売している

ブレスレットを含む全てのグッズは

私利私欲に生きると

(宇宙の法則に反する生き方)

エネルギーは消えます。